「文学の森」では、3か月ごとに「深める文学作品1冊」をテーマとして定め、その作品に関し、月に1度の平野さん登壇のライブ配信/隔週のメンバー限定読書会を開催します!

このページでは、このイベントの開催日程をご案内します。


📖


- 公式メールレター読者限定のプレオープン期間 -

🍃 21年4月クール

◆平野啓一郎『本心』(文藝春秋)◆


・メンバー限定読書会:4月17日(土)11時〜13時 【開催済み】
・平野啓一郎がひとり語る回:4月25日(日)14時〜16時 【開催済み】

・ゲストと語る回:5月28日(金)20時〜22時 【開催済み】

・メンバー限定読書会:6月12日(土)11時〜13時 【開催済み】
・読者と語る回:6月27日(日)13時半〜15時半 【開催済み】



- 本オープン -

🐚  21年7月クール
◆三島由紀夫『春の雪』(新潮文庫)◆

・メンバー限定読書会:7月10日(土)11時〜13時【開催済み】
・平野啓一郎がひとり語る回:7月25日(日)13時半〜15時半【開催済み】

・ゲストと語る回:8月29日(日)13時半〜15時半

・メンバー限定読書会:9月11日(土)11時〜13時
・読者と語る回:9月26日(日)13時半〜15時半

🌾 21年10月クール
◆ハン・ガン『少年が来る』(クオン)◆

・メンバー限定読書会:10月9日(土)11時〜13時
・平野啓一郎がひとり語る回:10月31日(日)13時半〜15時半
・ゲストと語る回:11月28日(日)13時半〜15時半

・メンバー限定読書会:12月11日(土)11時〜13時
・読者と語る回:12月26日(日)13時半〜15時半


📖


【そもそも:平野啓一郎さん登壇のライブ配信(頻度:月1回/メインコンテンツ)とは?】
「文学の森」では、3か月ごとに「深める文学作品1冊」をテーマとして定めます。

その作品に関し、1か月目は「平野啓一郎が語る回」、2か月目は「平野啓一郎がゲストと語る回」、3か月目は「読者と語る回」を開催します。

<進め方>
毎回、平野啓一郎にご質問いただける、質疑応答の時間も設けます。
配信終了後にはオンライン上で延長で感想戦を行い、メンバー同士の交流の場をつくります(任意参加)。
ライブ配信の様子は録画・録音し、アーカイブも残します。ご都合があわずライブ配信に参加できない方もアーカイブにて楽しめます。過去の配信もすべてご覧いただけます。

※ ライブ配信は、毎月最終日曜日の午後の開催を基本とします。イレギュラーの場合は事前にお知らせいたします。
※ ライブ配信には、オンライン会議サービス「Zoom」を利用します。
※ アーカイブはYoutubeでの閲覧が可能です。限定URLで、メンバーのみご覧いただけます。アーカイブは、イベント開催後、3営業日後にアップします。
※ 「深める文学作品1冊」は、毎年、1月、4月、7月、10月から1クールずつ、テーマを変えるので、読書の裾野を広げたい人にはぴったりの構成です。平野啓一郎の作品を自主解題的に扱うこともありますが、ほか作家のものも多く扱います。



【そもそも:メンバー限定のオンライン読書会(頻度:隔月/任意参加)とは?】
「文学の森」では、3か月ごとに「深める文学作品1冊」をテーマとして定めます。

そのテーマに関し、月に1度開催する平野啓一郎さん登壇のライブ配信がメインコンテンツとなりますが、月に1度のライブ配信を開催する前に、読者だけのオンライン読書会を開催します。

任意参加ですが、まずはご自身でテーマに関する1作を読んでみて、読書会で深めてから、ライブ配信に参加していただけると、さらに読み応えが出てくるはずです。読書会はメンバー同士の交流の場にもなります。

< 当日のコンテンツ>
1. アイスブレイク
2. グループワーク
3. シェアワーク

※ 読書会は、「深める文学作品」ごとに、1カ月目・3カ月目の第2土曜日の午前より開催することが多いです。
※ 読書会には、オンライン会議サービス「Zoom」を利用します。

※ 参加者の方のプライバシーを考慮し、読書会のアーカイブは残しません。 
※ 「深める文学作品1冊」は、毎年、1月、4月、7月、10月から1クールずつ、テーマを変えるので、読書の裾野を広げたい人にはぴったりの構成です。平野啓一郎の作品を自主解題的に扱うこともありますが、ほか作家のものも多く扱います。