🔔 小説家・平野啓一郎がボードレール『悪の華』を解説するライヴ配信を開催します。
【7月26日(金)19:30〜】

🔔 まずはこのライヴ配信だけ聴いてみたいという方に向けて、初月料金を割引した「1カ月お試しプラン」をオープンします!

🔔 リアルタイム参加できない方に向けて、アーカイブ映像を公開します。「文学の森」参加後は、過去35回のライブ配信アーカイブも合わせてご覧いただけます。

▶︎ご参加はこちらから

 
平野啓一郎のナビゲーションで世界文学を読み深める「文学の森」。
2024年7月26日に開催するライヴ配信では、平野啓一郎がボードレールの伝説的詩集『悪の華』を解説します!🇫🇷

内容が刺激的なあまり、発売と同時に風俗壊乱の罪に問われたという問題作ながら、後世の芸術家から圧倒的な支持を得て、現在に至るまで名作としても読み継がれている『悪の華』。

本作をもって近代詩の歴史が始まり、社会道徳規範に忠実だった詩の世界が、純粋な「美しさ」に向かったとも言われています。

Baudelaire.jpg 153.15 KB


名前はよく聞くし興味はあるけれど、なんだか難しそうだし、そもそも詩ってどう読んだらいいのかわからない、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、ボードレール学会に出席して講演を行ったこともある平野啓一郎が、初心者にもわかりやすく、『悪の華』の魅力を解説します。

いつかは読んでみたい不朽の名作。この機会に一緒に読んでみましょう!

われらが心を占めるのは、われらが肉を苛むは、
暗愚と、過誤と、罪と吝嗇――。

近代生活の憂鬱と絶望、異教的官能とキリスト教的神秘観、頽廃の美と叛逆の情熱を謳って、新しい美の戦慄を創造した「悪の華」は、象徴派詩人のバイブルとなり、“罪の聖書”とも“近代人の神曲”とも呼ばれて、その影響ははかり知れない。ここに描かれる怪奇、極悪、陰惨の世界は、腐肉の燐光のように輝く、息詰まるばかりに妖しい美の人口楽園である。

新潮文庫はこちら
岩波文庫はこちら   

※翻訳は、堀口大學、福永武彦、安藤元雄など豪華な面々が手がけています。それぞれ読みやすいものをセレクトしてください!



▶︎
平野啓一郎の「文学の森」ご参加はこちら 

560x315_fleurs_du_mal.jpg 41.15 KB