2024年3月23日(土)14:00〜16:00〈オンライン開催〉
「文学の森」参加後、イベントページより参加URLをご覧いただけます。


2024年3月のライヴ配信は、2月の亀山郁夫さんに続き豪華ゲストをお招きして、対談形式でドストエフスキー文学を解き明かします📖

今回のゲストは……小説家の中村文則さんです!

035f6b765b751cc4eca4e22f3b0b97ed20180614152458890.jpg 49.05 KB

現代日本文学を代表する小説家であり、『教団X』や『掏摸』をはじめとした長編小説は海外でも高く評価されている中村さん。

作品を読んだことのある方はお気づきと思いますが、ドストエフスキーから多大な影響を受けた作風でも知られています。

昨年、名古屋外国語大学で開催された「国際ドストエフスキー学会」にも(平野さんともに)登壇し、『白痴』についての講演をされたとのこと。

●中村文則
1977年愛知県生まれ。2002年『銃』で新潮新人賞を受賞しデビュー。その後『遮光』で野間文芸新人賞、『土の中の子供』で芥川賞、10年『掏摸<スリ>』で大江健三郎賞を受賞。『掏摸<スリ>』の英訳は米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」で2012年の年間ベスト10小説にも選ばれた。その他の著書に、『何もかも憂鬱な夜に』『去年の冬、きみと別れ』『教団X』『私の消滅』『R帝国』『カード師』など。2023年10月には最新刊『列』を発表し、話題となっている。


そして今回は、中村さんの最新長篇『列』が昨年10月に発表されたばかりということで、二部構成で、『列』についてもお話を伺います!

ご興味のある方は、『列』も合わせて読んでいただくと、ライヴ配信をより深く楽しめると思います(もちろん未読でもOK!)。
▶︎Amazonはこちら

具体的なトークテーマ(予定)
第一部:『列』を語る
・最新作『列』に込めた思いと主題
・先もわからない列に並び続けるという設定はどこから?

第二部:ドストエフスキーを語る
・中村さんとドストエフスキー文学との出会い
・好きなドストエフスキー作品、好きな人物や場面は?
・中村さんが語る『白痴』の魅力と読み解き方
etc...


~~~~~~

※ライヴ配信にご参加いただく際には、必ずしもテーマ作を読み終えていなくても大丈夫です。「平野さんの解説を聴いた上で読み始める」というのもありなので、ご安心ください。


▶︎平野啓一郎の「文学の森」ご参加はこちら
(ただいまGmailのシステムエラーにより、入会にあたってのメールアドレス認証ができない事象が発生しています。メールアドレスではなく電話番号での認証をしていただけますと幸いです。)